So-net無料ブログ作成
検索選択

行政職員の適正人数

法律では、自治体の人口に応じて、地方議会の議員定数の定めがあるそうです。
行政職員の人数に関してはどうなんでしょうか?法令などで、適正人数の目安が示されたりしてるんでしょうか?ご存知の方、いらっしゃいましたら、教えてください。

歳入は限られている。財政の縮減を。
掛け声は、ごもっとも、その通りですよね。

それならば、まず最初に誰でも考えるのは、行政職員と議員定数、つまり、市役所の職員と市議会議員の人数を減らせばいいんじゃないか、ということです。

横浜市の場合。2006年時点で、人口360万人に対して、市役所の職員は28,447人。市民約125人に一人の割合だそうです。
市民の人口10万人あたりの職員数は646人(水道局と交通局を除く)。大阪市の場合は、1,339人だそうです。*)
名古屋市の場合は、どうなんでしょうか?約200万人の人口に対して、市役所の職員は、何人くらいいるんでしょうか?
横浜市並なら、約12,920人。大阪市並なら、約26,780人と計算できます。
果して、それは、適正人数といえるのでしょうか?

行政職員の適正人数。概ね、人口の何%程度、というような研究データ。どこかにありそうだと思うんだけどなぁ。どなたか、ご存知の方、ご教示願いますm(_ _)m

実際に、職員数を削減している自治体もあると思います。一方で、それには手をつけず「民間活力の導入を、民営化を」と言っている自治体もあるんだろうなぁ。
この程度のことは、当然、予想できますよね。

これらのデータも検討材料のひとつにして、しっかりと考える必要を強く感じます。
そう、単なる感情論のぶつけ合い、ではなくてね。


*)「福祉がいまできること 横浜市副市長の経験から」 前田正子 岩波書店
ISBN978-4-00-024643-9
P.210の記述より。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 6

すぺーすのいど

安易な公務員削減論と公立保育園の民営化は根が同じだと、私は考えています。

保育士の人数や待遇を下げれば保育の質が維持できないのと同じで、公務員の人数や待遇を下げれば行政サービスの質の低下につながることは容易に想像できます。
私は公務員ではないですが、現在行政サービスの現場にいる職員が山のような仕事に追われているのは知っています。
これ以上人がいなくなったら、どうしようもない職場も多いと思います。

上層部の高額な給与や退職金、天下り先の外郭団体へ無駄な補助金、委託事業、本丸御殿をなど今やる必要性がない事業、利用する予定のない利水事業への出資・・・
善良な現場職員の首を切る前に切るべきムダはあるかと思います。

私では説明しきれないので、以下人様のブログを参考リンクしますね。

「村野瀬玲奈の秘書課広報室」
「日本の公務員「改革」に必要な視点をフランスの公務員カイカクから考える」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1057.html

「村野瀬玲奈の秘書課広報室」
「公務員叩きキャンペーンが始まったら要注意だと思っています。」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1060.html

by すぺーすのいど (2009-02-27 22:22) 

すぺーすのいど

すいません、ご挨拶が後になってしまいました。

はじめまして、すぺーすのいどと申します。
学童保育&公立保育園児の保護者です。

ご迷惑でなければ、今後ともよろしくお願いします。

by すぺーすのいど (2009-02-27 22:39) 

すぺーすのいど

公務員関連の「村野瀬玲奈の秘書課広報室」のリンク追加

「日本の議員数、公務員数は少ない (1)」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-763.html

「日本の議員数、公務員数は少ない (2)」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-770.html

「日本の政治家の数は少ない。」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-808.html

「日本の公務員は少ないと同時に、多い。(こういう言い方でどうかな?) (1)」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-772.html

「日本の公務員は少ないと同時に、多い。(こういう言い方でどうかな?) (2)」
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-814.html

by すぺーすのいど (2009-02-27 22:50) 

ぐわし07

すぺーすのいどさん、コメントありがとうございます。

関連ブログのご紹介、ありがとうございます。
まだ、全ては見ておりません。おいおい、勉強していきます。

おっしゃるとおり、安易な公務員削減論に与するものではありません。
住民人口と、公務員・行政職員数のバランスを、どのように考えたらいいか、自分の中で指針を得られていないことを、表明いたしました。

平成19年と20年のデータを見つけました。
http://www.soumu.go.jp/iken/kazu4.html

これによると、政令指定都市は、軒並み職員数を削減していますね。
この傾向は今後も続くのでしょうか?たとえば名古屋市は、向こう10年間で何人削減する、というような計画を公表しているでしょうか?次々と疑問がわいてきます(^^;;;

少なくとも、削減し続ける、ということは不可能です。どこかで折り合いをつけ、大方が納得できる適正数で落ち着くんだろうと思うのです。
じゃ、どうやって適正数を判断するんだろう?

だんだん、住民投票条例制定そのものからは離れていきそうなので、この辺でご勘弁ください(^^;;;

by ぐわし07 (2009-03-02 18:32) 

すぺーすのいど

レスありがとうございます。

私もじゃあ具体的にどうなのよ?と聞かれてもそんなに難しいことはわかんないです(>_<)

ただ、財政難だから保育園を民営化するという論理と、財政難だから公務員を削減するという論理は根が同じだとは私はおもいます。

そこが言いたかっただけです。

>だんだん、住民投票条例制定そのものからは離れていきそうなので、この辺でご勘弁ください(^^;;;

私もこれ以上のネタは今のところありません。(笑)

よろしくお願いしますm(__)m
by すぺーすのいど (2009-03-02 23:55) 

ぐわし07

すぺーすのいどさん、コメントありがとうございます。
財政難を理由とする、安易な公務員削減論と保育園の民営化論は、根が同じ、というのは、同感です。

自己レスもかねて。
長野県下條村のサイトです。

http://www.vill-shimojo.jp/
http://www.vill-shimojo.jp/wcweb/hp/page000000400/hpg000000389.htm

人口増加傾向にある過疎(失礼)の村、といったところでしょうか。
村役場の職員数は、同程度の人口規模の他の自治体と比べると、20人くらい少ないんだそうです。
これでやっていけるというのは、職員一人一人の能力が極めて高いから、なのでしょうか?

単純に人口だけで比較できないこともあるでしょう。年齢構成などは、重要な要素のひとつでしょう。

結局は、村長(首長)の姿勢次第、なのでしょうか。
伊藤村長と前田正子氏の対談、なんてのがあったら、是非聴いてみたいと思います。

by ぐわし07 (2009-03-03 17:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。