So-net無料ブログ作成

もしも、小学校だったら 3

さらに引き続き、これがもし、保育園じゃなくて、小学校だったらどうでしょう??? です。
財政難を理由として、小学校を廃校・民営化する可能性。

そもそも小学校の民営化なんてありえないんじゃないか? だって、義務教育でしょ? 学校を建てたり、整備維持していくのは、行政の責任でしょ?義務でしょ?? それを民営化するだなんて、行政がそんなこと言い出すわけないでしょ!!! あくまでも、公立の学校は公立のままで存続させる。行政がその責任を負うのは当然でしょ!!!

なるほど。。。もっともですね。
では、なぜ、保育園は廃園・民営化されるのでしょうか???
義務教育ではないから。学校ではないから。福祉施設だから。
どれも合理的な理由だとは思えません。

保育園も、子どもを保育園に入れて保育するのは、行政の義務です。
保育園を建てたり、整備維持していくのも、行政の責任です。
その義務と責任を放り投げようとしています。
その理由は財政難だと行政は言っています。
保育園を整備することも、保育が必要な子どもを保育園に入れて保育することも、行政の義務であり責任だと、児童福祉法は言っているのにです。
児童福祉法に謳われているのに、それを廃園・民営化するだなんて、行政がそんなことを言うだけじゃなくて、やってるんですよ、現実に。全国各地で。

全国でも、財政的に充分に潤っている自治体が少数派であろう事は、容易に想像できます。
国とて同様でしょう。だからといって、保育行政をないがしろにするのは正しい選択といえるでしょうか?
解決策も、代案も提示できないことが、なんとも歯がゆいのですが、決して正しい選択だとは思えない。

今、保育園に通っている子どもたち。保育園で、民営化の問題に晒されている子どもたちは。
成長するにつれて、小学校では小学校の民営化、中学校では中学校の民営化に直面するのではないか!?!???と危惧します。

杞憂でありますように。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

すぺーすのいど

既に公立学校の予算は既にかなり削減されていますが、私は公立校は無くならないんじゃないかと予想しています。

それは明るい希望でなく、権力者にとって「道徳」教育をする場として学校は重要だからです。

保育園を捨てる傍ら、文科省主導で、「放課後教室」という誰が要望したのか不明な公設の施策がドンドン拡大されています。

私はこのまま何にもせずにいれば、いずれその「放課後教室」で「道徳」教育がおこなわれるのじゃないかと私は思っています。

「放課後教室」・・・名古屋で言えば「トワイライトスクール」のことです。

by すぺーすのいど (2009-03-16 00:08) 

ぐわし07

すぺーすのいどさん、コメントありがとうございます。

学童保育に関しては、全くといっていいくらい、知識がございません(^^;;;
先日、名古屋市政出前講座で、トワイライトスクールについての説明を、1回聞いたくらいです。。。今後、もっと勉強していきますね。

名古屋市政出前講座の説明を聞いた私の理解は、(そう明言されたわけではありませんが)「トワイライトスクールは『保育』ではない」です。

「放課後教室」がどんどん拡大されているのは、全国的な傾向なんでしょうか?学童保育の拡充に力を入れている自治体は、ないんでしょうか?

また、いろいろと教えてください。
by ぐわし07 (2009-03-17 18:07) 

すぺーすのいど

ぐわし07さん、こんばんは。
いつも唐突な内容のコメントですいません。m(__)m

>学童保育に関しては、全くといっていいくらい、知識がございません(^^;;;

そうなんですよね。
でもそんなもんですよ。私だってはじめは何にもしりませんでした。(^^ゞ
ぐわし07さんにしても、お子さんを保育園に入れる前、もっというとお子さんが出来る前には、保育園の事情なんて全然知らなかったですよね?

学童の歴史や現状の課題などは「名古屋市学童保育連絡協議会」のまとめた資料のコピーがありますので、よろしければお時間のある時にでもご覧下さい。
http://nagoya-gakudo.jugem.jp/?cid=12

>「放課後教室」がどんどん拡大されているのは、全国的な傾向なんでしょうか?学童保育の拡充に力を入れている自治体は、ないんでしょうか?

傾向というか、国の方針が拡大方向ですね。
自治体としてはそれぞれ状況が違うようです。
都市部では運営の為の基準がほとんどなくコストのかからない「放課後教室」が急拡大しています。
地域によっては「学童保育」と「放課後教室」、両方ないところもありますし。

by すぺーすのいど (2009-03-20 23:10) 

ぐわし07

すぺーすのいどさん、コメントありがとうございます。

ご紹介いただいたサイトで、資料にざっと目を通しました。
学童保育が、法的な裏づけを得てから、まだ10年ちょっとなんですね。

自分の経験がないことは、どうしても、無関心になりがちですし、実感も当事者意識もわきません。
それでもかまわない、という人もいるかもしれませんし、それはマズいだろうと、あれこれ調べたり考えたりする人もいる、ということなんでしょうね。

近未来情報の入手と当事者意識については、別途、書こうと思います。
気長にお付き合いいただけましたら、幸いです。(^^;;;
by ぐわし07 (2009-03-23 17:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。