So-net無料ブログ作成

2、署名数目標の設定について

受任者数1万人、署名数10万筆、という目標が設定されました。

この数値目標は、議会を動かすには到底足りなかったわけです。
もっとも、直接請求署名を始める段階では、達成できるんだろうか、出来ないんじゃないか?と思っておりました。
結果は、目標を上回る約13万筆を集めることが出来ました。それでも足りなかったわけです。

目標設定の根拠は、どこにあるのだろうか?
どのように目標設定していくのが妥当だろうか?
という疑問がわいてきますので、これを考えてみます。

あくまでも住民投票の実施を目指すのなら、それに必要な署名数を設定しなければなりません。
どれくらいの署名が集まれば、議会として無視できず、条例制定の可能性が出てくるのだろうか?
それは、どのように設定、算出するのが妥当だろうか?

名古屋市の場合、大雑把に、人口が200万人、有権者数は170万人。
前の市長の、松原氏が初当選したときの得票数が、約26万票。
市会議員の定数は75人。
98人の立候補者全員の得票累計が、約684,700票。
75人の当選者の得票累計は、約601,700票。
当選者のうち最多得票は14,007票、最少は3,593票。
1万票以上を集めたのは、12人。12人合計で、136,677票。
人口の10%で20万筆、有権者の10%で17万筆。
議会を動かすのに必要十分な署名数って、どれくらいなんだろうか?
10%では到底足りなくて、最低でも25%くらいは必要なんだろうか?

こういった数字を睨み合わせて、10万筆という目標数が設定されたのだろうか?
それとも、ただ単にキリのいい数字ということで、10万筆が目標とされたのだろうか?
もちろん、こんなことは、今だから考えが及ぶのであって、直接請求署名を始めるよ、と言われたときは、そこまで頭が回りませんでした。ということを正直に白状しておきます。

1ヶ月という限られた期間内に、どのようにして目標の署名数を獲得するか。
これを突き詰める過程で、戦略も戦術も磨かれていくだろうし、住民投票実施の可能性も高められるのだと思います。

勢いと思いだけでは、住民投票実施までには至りません。十分な準備と、作戦と、実行力、その他。強大な総合力が要求されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。